写真 2017-05-23 7 13 57 (1)

蛙が震えたあるデザイナーの金言

生きている絵、死んでいる絵 あるデザイナーの言葉が刺さった。 「絵が生きている間に描き上げた方いい。」 今まで、絵にスピードを求めるのは仕事上の期限の問題だけだと思っていた。間に合うか間に合わないかわ …

maxresdefault

【動画】跡目の盃 ルール説明&ゲームのポイント

跡目の盃のルール説明&ゲームのポイントを説明した動画を作成してみた。 ルール説明が約2分30秒。 ゲームのポイントが約1分30秒ほどの動画だ。 なんとなくセンスが古い印象を受けるが改善方法がわからない …

kobito

【システムの穴】見返り小人の問題点

「見返り小人」というα版のゲームがある。 現状α版で試遊した際にかなりの熱狂と、熟考が生まれた。 これはいいゲームができたと喜んでいたが、幾つかの問題点が解決できないまま現在7ヶ月が経とうかとしている …

person_front_hebinuma

跡目の盃における戦略めいた何か

現在、跡目の盃トーナメントと称して蛙と自分(兄)で連戦しているのだが、なんと現在自分の4連勝中なのだ。 自分はこのゲームの作者でありながらあまり強くないと書いたのがつい先日。 何か天啓を得たようだ。 …

gm_blog03-01

跡目の盃トーナメント 〜兄 VS 蛙〜

今回は跡目の盃史に残る名勝負だった。 勝者は兄であった。 お互い仕事後で疲れていたため、やる気はなかったがなんとなくの流れで戦いは始まり終わる頃にはかたや熱狂、かたや絶望という疲れによるローテンション …

写真 2016-11-20 23 39 53

【ゲーム制作メモ】プレイヤーがその行動をする理由

蝉の声が完成した時点で着想としてあった見返り小人についてずっとまとまらなかったのだが、ようやくまとまる兆しが見えてきた。 そしてその中で気づいたことをボードゲーム制作メモとして残しておく。 まず見返り …

gm_blog03-01

跡目の盃トーナメント 〜蛙 VS 妹〜

後悔 跡目の盃の感想戦にどれだけ時間をかけているのか。「負けたあの一手が忘れらない」それだけなら、一眠りすれば消え去る。そうじゃない。もっと具体的な後悔なんだ。 間違っているとすぐにでも気付ける一手を …

box_art-01

蛙の同じ轍は踏まぬためのメモ Vol.2〜ボドゲの立体箱絵パッケージデザイン編〜

illustrationは便利。ですが、どうにも多機能すぎて記憶の容量が足りません。てなわけで、制作にかなり苦労した、ボードゲームの「立体箱絵」の作り方を”自分のために”メモしときます。 利用ツールは …

gm2017_s_poster

【創作ゲーム】Vol.4 跡目の盃

2人用心理戦ゲーム「ディア・ビビ」をこねくり回して完成しました。 製品化タイトル第2弾「跡目の盃」 ヤクザの組長6人の跡目争いがテーマです。 プレイヤーはこれら6人の誰かの子分となって、自分の親分が次 …

icatch_rule

【創作ゲーム】Vol.1 犬猿合戦

第1弾として思いついた「マインドナンバー」がずっと固まらなかったが、この度熱い2人用心理戦ゲームとしてまとまった。 製品化するかどうかは検討中だが、何かしら形にはしたい。   コンポーネント …