コラム

個人でも出展可能なボードゲームイベント

投稿日:2016年9月7日 更新日:

個人で出展できるイベントってどんなものがあるのか調べてみました。

今後開催予定で日付が決まっているものは開催予定日を、次回開催日が決定していないものは直近の開催日を載せてます。

これから開催されるもの

ゲームマーケット2016秋東京

2016年12月11日

だいたい毎年4ヶ月前くらいに出展申し込みが始まるようです。

会場がビッグサイトなので、出展ブースの抽選も今はまだそんなに厳しくないようです。一次募集で応募したブースはすべて出られるようですし、それでいてお客さんの数は毎年増加しているようです。

2016年春は参加者数約11000人だそうです。

 

ゲームマーケット2017神戸

2017年3月12日

こちらも同じくゲームマーケットです。ゲームマーケットは東京の春・秋、関西の春で1年に合計3回行われるのが通例のようです。こちらも交通費がなんとかなればぜひ参加したい。

 

東北ボードゲームフリーマーケット2016

2016年9月25日

こちらは「ぼくらの文楽」というイベント内で行われていたようです。

「ぼくらの文楽」はお寺に泊まってボードゲームを遊んだり、日の出鑑賞会をしたりするイベントのようです。

お寺でのボードゲームとはなかなか粋なイベントです。

入場無料。

 

名古屋ボードゲームフリーマーケット

2017年1月8日

こちらは第4回目の開催。申し込みが8月31日までだったのでもう少し早く調べていれば今年行けたかもしれないのが悔しいです。

入場は無料。フリーマケットと名乗っているものはすべて無料なんですかね。

 

東京ボードゲームコレクション

2016年10月2日

近々開催のイベント。何と今年が第1回目ですね。

出展申し込みは7月だったようです。

どういった雰囲気なのかはわかりませんが、ホームページの様子からオシャレ感が漂ってます。

入場は1200円からと有料です。

 

デザインフェスタ

2016年11月26、27日

こちらはボードゲームイベントではありません。プロ・アマ問わずに参加できるアートイベント。絵から、服から、工芸から、ロボットまでデザインと名のつくものは何でもありのようです。

イベント規模としては出展者数だけで12000人とあるので、桁違いの規模ですね。抽選の倍率も厳しそうです。

出展申し込みは5月末までだったようです。

過去に知り合いのサークルがボードゲームを出展していたので、ボードゲームも出展可能です。

来年もきっと開催されるもの(次回開催日未定)

第六回ボードゲームフリーマーケット in 住之江

2016年6月25日

こちらは大阪でのイベントです。上記の日付は第6回のもの。

入場は無料のようです。

 

金沢ボードゲームマーケット

2016年8月21日

ヤマズゲームスの地元でもある金沢のゲームマーケットです。

今年で2回目ということもあり、地元民にも開催されていることはあまり知られていないようですが、着々と客数は増えているようです。来年こそはぜひ参戦したい。

入場は無料。

 

ニコニコ超会議

2016年4月29、30日

こちらは出展できるのかわかりませんが、ボードゲームのブースがあることは確かです。

来場者は15万2561人と書いてあります。めちゃくちゃでかいです。

「ゲームマーケット超出張版」としてブースを設けているようなので、個人での出展はできないようです。

実際の出展者はどのように決まっているのかわかりませんが、もしかしたらゲームマーケット事務局に選ばれたら出れたりするのかもしれません。

おまけ

ボードゲームイベントだが、同人の販売はやってなさそう

仙台アナログゲームフェスタ

2016年5月29日

こちらはゲームの体験会のようです。

ボードゲームだけではなく、人狼やTRPGも遊べるということですね。

 

JAPAN GAME CONVENTION

2016年9月3、4日

宿泊型のアナログゲーム体験イベントです。宿泊型っていうのが気合入ってますね。会場もホテルみたいですし。夜通し遊ぶ人も出てきそうですね。

ただ来年から「TRPGフェスティバル」と名前を変更されるそうです。

TRPGのみになるんですかね。

 

ホビージャパンゲームフェスティバル

2016年7月2、3日

ホビージャパンさんのゲームを遊んだり、購入したりできるイベントです。有名ゲームの日本選手権も開催されているようです。

2日間のイベントということで規模はかなり大きそうです。

会場限定販売の物販などもあるようです。

yasuyuki yamagishi
ゲームシステム担当。 ヤマズゲームスの兄の方。

-コラム
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

icatch_colmu

心理戦とは何か(その1)

心理戦とは何か? 我々の考える心理戦とは、相手の考えを読む戦いとしている。 そして“相手の考えを読むための情報が得られるシステム“が存在するゲームを心理戦のゲームと考えている。 …

gm_blog03-01

跡目の盃トーナメント 〜兄 VS 蛙〜

今回は跡目の盃史に残る名勝負だった。 勝者は兄であった。 お互い仕事後で疲れていたため、やる気はなかったがなんとなくの流れで戦いは始まり終わる頃にはかたや熱狂、かたや絶望という疲れによるローテンション …

person_front_hebinuma

跡目の盃における戦略めいた何か

現在、跡目の盃トーナメントと称して蛙と自分(兄)で連戦しているのだが、なんと現在自分の4連勝中なのだ。 自分はこのゲームの作者でありながらあまり強くないと書いたのがつい先日。 何か天啓を得たようだ。 …

gm_blog03-01

跡目の盃トーナメント 〜蛙 VS 妹〜

後悔 跡目の盃の感想戦にどれだけ時間をかけているのか。「負けたあの一手が忘れらない」それだけなら、一眠りすれば消え去る。そうじゃない。もっと具体的な後悔なんだ。 間違っているとすぐにでも気付ける一手を …

写真 2017-05-23 7 13 57 (1)

蛙が震えたあるデザイナーの金言

生きている絵、死んでいる絵 あるデザイナーの言葉が刺さった。 「絵が生きている間に描き上げた方いい。」 今まで、絵にスピードを求めるのは仕事上の期限の問題だけだと思っていた。間に合うか間に合わないかわ …