コラム

蛙が気付いたシステムのぶらぶらぶらぁ

投稿日:

FullSizeRender

日常のジレンマ

そういえば、以前兄が「日常のジレンマ」があったら教えろ、と言っていた。ゲームシステムを作るきっかけになるという。

でも、この「日常のジレンマ」という言葉がどうもピンとこない。それなに?って感じ。だから、「悩んで選んだ状況」を思い出すようにした。すると、結構出てきた。

ああ言えばこう言う的な

あの服、高いけど欲しい。でも今必要なものじゃない。でも欲しい。というか、セール中だ。どうせ後で買うなら今買ったほうが良いんじゃないか。というか、そもそも買うのか?買うべきなのか?買って何が良くて何が困る?出費が大きすぎる。でも毎月の出費の許容範囲を超えるほどじゃない。ならば買ってもいいんじゃないか?でもこれ以外にも欲しいものが後から出てきたらどうする?他に急な支払いはないのか?持っているものをメルカリに出すか?

悩み続けて2日後、

「あ、タイムセールでさらに10%OFF?」

で、思考停止して飛びつく。

他にもこんなのがある。

(地方民なので、基本的に車は無料で駐車場に止めたい。)友達と街で夜飯を食うことになった。車で行くか、バスで行くか、自転車で行くか、徒歩で行くか。車は駐車場代がかかるけど、一番楽。帰りが深夜になるからバスは行きは良いけど帰りがタクシーになる。ならば、自転車か。でも天気が微妙。降りそうな曇り空。飯食って遊んだ後に、傘さしで帰ってくるのも億劫。徒歩は・・・めんどい。そんなに高くない金でこの悩みを解決できるなら、車でいいんじゃい?でも酒は飲めないか。飲んで代行にするなら、バスでタクシーの方が心理的に軽い気がする。雨降らんやろうし、自転車かなぁ・・・全部解決・・・徒歩。

で、悩み疲れて結局車で行く。飲酒を諦めて。

(と思いきや、飲酒をして代行で帰ることになる。)

結局損する悩み

なるほど、確かにゲーム中にこういう状況はたくさんある。テーマは後付けでズラせられるし、こういうところからシステム構築をしていくという話に納得。

とはいえ、僕の「悩み話」を聞いて兄がシステムを作ったことはない。

これいかに?

たぶん、おそらく、悩みが面白い悩みじゃないからだ。マイナスをいかに少なくするか。そんな悩みばかりだからだ。得られるものは、結局「小さなマイナス」。

そんなものは欲しくない。

もしこれをそのままゲーム化したら、最後まで嫌な選択を迫られるゲームになるのではないか。それは楽しくないのではないか。

不快感。

(「不快感」そのものがダメ、というより、「不快感のみ」がダメなのだ。)

どっちも得する嬉しい悩み

幸せな悩み、とやらが必要だ。どっちを選んでもプラスになる。より大きなプラスはどっちだ。嬉しい悩み。そして、たぶんそこに大きなマイナスがあると・・・楽しいブラフが生まれたりするのかな。

僕の大好きな「意地汚い」「捻くれ者」が「ニヤニヤ」しながら「相手が転落している様」を眺める系ゲームが出来上がるのだ。

そこに描かれる絵はとてもシュールなものになるに違いない。

幸せな悩み、かぁ・・・。

あの話をしてやろうか?それとも、あっちか?いや、あれもいいな。どれがいいだろう。

悩ましい。

kawazu
アートワーク担当。 ヤマズゲームスの弟の方。

-コラム
-,

関連記事

gm_blog03-01

跡目の盃トーナメント 〜蛙 VS 妹〜

後悔 跡目の盃の感想戦にどれだけ時間をかけているのか。「負けたあの一手が忘れらない」それだけなら、一眠りすれば消え去る。そうじゃない。もっと具体的な後悔なんだ。 間違っているとすぐにでも気付ける一手を …

icatch_colmu

心理戦とは何か(その1)

心理戦とは何か? 我々の考える心理戦とは、相手の考えを読む戦いとしている。 そして“相手の考えを読むための情報が得られるシステム“が存在するゲームを心理戦のゲームと考えている。 …

写真 2016-11-20 23 39 53

【ゲーム制作メモ】プレイヤーがその行動をする理由

蝉の声が完成した時点で着想としてあった見返り小人についてずっとまとまらなかったのだが、ようやくまとまる兆しが見えてきた。 そしてその中で気づいたことをボードゲーム制作メモとして残しておく。 まず見返り …

写真 2017-05-23 7 13 57 (1)

蛙が震えたあるデザイナーの金言

生きている絵、死んでいる絵 あるデザイナーの言葉が刺さった。 「絵が生きている間に描き上げた方いい。」 今まで、絵にスピードを求めるのは仕事上の期限の問題だけだと思っていた。間に合うか間に合わないかわ …

icatch_colmu

個人でも出展可能なボードゲームイベント

個人で出展できるイベントってどんなものがあるのか調べてみました。 今後開催予定で日付が決まっているものは開催予定日を、次回開催日が決定していないものは直近の開催日を載せてます。 これから開催されるもの …