システム 創作ゲーム

【創作ゲーム】No.4 ディア・ビビ

投稿日:2016年10月15日 更新日:

心理戦について考えてたらできたゲームです。

タイトルは適当です。この記事書いとるときに米津玄師が流れてたのでつけました。

テーマはまだ決まってません。

最後の点数計算がやぼったいのでもうちょいいじりようはありそうです。

ディア・ビビ

人数:2人

内容物

数字カード(トランプ):18枚(1~6の3スート)

目的

終了後に手持ちカードの合計が多いほうが勝ち

準備

・お互いに9枚ずつシャッフルして配る

・適当な方法でスタートプレイヤーを決める

流れ

・プレイヤーは自分のターンに手札からカードを2枚選ぶ。

・1枚は表、1枚を裏にしてもう一方のプレイヤーに提示する

・提示されたプレイヤーは2枚のうち1枚選び、自分の場に置く

・この時、表になっているカードを受け取った場合、場には表のまま置く

・これを繰り返し、お互い残りの手札が1枚になったら自分の場においたカードを全てオープンする

・場のカードの合計数の計算方法は以下の通り

 最も枚数が多いスートの合計値ー2番目に枚数が多いスートの合計値+3番目に枚数が多いスートの合計値

・計算時、各スートの枚数が同じ時は合計値が高いほど、式の左の値とする(それも同数の時は♠︎、♥、♦の順で左の値とする)

ex.♠︎6,♠︎5,♠︎4,3,2,1と手札にある場合

15(♠︎の合計値)ー6(♥の合計値)+~

となる

終了

・お互いの手札が残り1枚になったら終了

・手札の数を上記の計算方法で計算し、数が多いほうが勝者となる。

yasuyuki yamagishi
ゲームシステム担当。 ヤマズゲームスの兄の方。

-システム, 創作ゲーム
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

akasemi

【ストーリー紹介】蝉の声〜赤蝉の話〜 Vol.2-4 赤蝉の秘密

オオトカゲは話し始めた。   お前さんのひいばあさんと出会ったのは約20年前や。当時はひいばあさんもそこらにおるアブラゼミやミンミンゼミと変わらず茶色い蝉やった。まあお前さんも体の色は茶色や …

semi w 2

あの有名なバッタのヒーローに酷似〜二匹目の蝉をご紹介〜

参考にしたおめでたい物とは・・・ さて今回は二匹目の蝉のご紹介です。こいつは以前紹介した「コルネ&生ハムの蝉」同様、画像検索をして出てきたあるものを参考に描きました。 鏡餅、です。 目ん玉がみかんで、 …

akasemi

【ストーリー紹介】蝉の声〜赤蝉の話〜 Vol.2-2 洞窟の中で

オオトカゲが今何歳で後どれくらい生きるのかを知っている者はいない。 少なくともこの辺に住む生き物ならば、皆生まれた時からオオトカゲを知っている。 オオトカゲは多くを語らないし、だいたいいつも寝ている。 …

gm_blog03-01

跡目の盃トーナメント 〜蛙 VS 妹〜

後悔 跡目の盃の感想戦にどれだけ時間をかけているのか。「負けたあの一手が忘れらない」それだけなら、一眠りすれば消え去る。そうじゃない。もっと具体的な後悔なんだ。 間違っているとすぐにでも気付ける一手を …

semi w 4

レペゼン・ディヴィナーレの黄色い宝石〜四匹目の蝉をご紹介〜

・・・てかこいつ蜂じゃね? 四匹目の蝉の紹介です。この蝉はちょっと変化系にしました。 日本でよく見る蝉は茶色くてガサガサしており大きさもさほど違わないです。このゲームの蝉のアイディアのベースがそれらだ …