アートワーク 創作ゲーム

レペゼン・ディヴィナーレの黄色い宝石〜四匹目の蝉をご紹介〜

投稿日:2016年10月23日 更新日:

・・・てかこいつ蜂じゃね?

四匹目の蝉の紹介です。この蝉はちょっと変化系にしました。

日本でよく見る蝉は茶色くてガサガサしており大きさもさほど違わないです。このゲームの蝉のアイディアのベースがそれらだったのですが、またまたネットで徘徊しているとちょっと小ぶりな蝉を発見しました。こいつはそれをモチーフに描かれました。頭部のクオリティは四匹の中で一番高いのではないでしょうか。

絵ってほんと描けば描くほど上手くなっていきますね。

ちなみに、描く前にディヴィナーレ:倫敦の霊媒師を眺めていたのでどことなくラグジュアリー感が漂っています。

オリジナル性は羽の輪郭部分でしょうか。ミスでボコボコッと出てしまった側面部分の突起にハイライトを入れた瞬間に「きた!」と思いました。西洋の妖怪の羽のようです。間違いなく毒は持っているでしょうね。

お絵描きメモ

Corel Painter 2016を使用。ブラシも相変わらず「油彩」です。唯一新しいブラシといえば触覚(?)部分の毛です。購入時にサービスで付いていた「特別限定パック」<ヘア>という、まあそのままの意味のブラシを使いました。これ最初は使いずらかったのですが、扱い方がわかってくるとかなり重宝します。今後の創作ゲームに毛むくじゃらのキャラが必ず一匹は出てくることでしょう。

さらに実は1匹目の蝉から使っている便利な時短機能があります。左のツールバーの下の方にある「ミラーペインティング」という機能です。

僕は左側の方が安定した線をかけるのですが、いかんせん絵画歴1ヶ月(当時)だったもんで右側がぐちゃぐちゃ。アシンメトリーというか、もう半分別のヤツです。

「この蝉はぜっていに右側に傾きながら飛ぶ」。

そう確信した僕はなんとか打開策はないものかとPainterの説明書を熟読しました。そして見つけたのが「ミラーペインティング」です。

この機能は指定した中心線を境にして左側に書いたものが反転して右側にも描かれる、そう「ミラーペインティング」なのです。筆圧までは完璧にミラリングできていない感は否めませんが、見事なシンメトリーを表現してくれます。

キャンバスを回転させるという発想もなかった私は、この機能を見つけるまで手や体を縦横無尽に回転させながら描いていました。「プロはすげーな・・・」と深く感心したものです。そんな馬鹿げたスタイルももう卒業です。多謝、ミラペ。

semi w 4

とはいえ、右側から逃げ続けるのも今後のためにならないので、ミラペの誘惑に打ち勝ちながら日々精進していきます。応援のほど宜しくお願いします。

kawazu
アートワーク担当。 ヤマズゲームスの弟の方。

-アートワーク, 創作ゲーム
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

hakoe

【ルール公開】蝉の声(ゲームマーケット2016秋販売予定)

ゲームマーケットで販売予定のゲーム「蝉の声」のルールを公開します。   人数:2〜4人 時間:10〜15分 説明書はこちら       短時間でパッと盛り上がれ …

semi w 1

セミの一生のタイトルが変わりました!!

セミの一生 → 蝉の声 僕たちのオリジナルゲームである「セミの一生」のタイトルが変更になりました。 その名も「蝉の声」です。 蝉が鳴く理由は求愛行動だといいます。七日間という短い一生の中で子孫を残すた …

icatch_rule

蝉の声 ルール変更

蝉の声のルールに変更点ができました。 現状のルールでは終了条件として、10枚目の子供がオープンされたら終了というルールでした。 その場合終盤になって勝っているプレイヤーがゲームを無理やり終わらせること …

midorisemi

【ストーリー紹介】蝉の声〜緑蝉の話〜 Vol.3-4 鏡餅の意味

それからトカゲは20分ほど話し続けた。 手を合わせることは、祈りという行為らしい。 祈りは元々、神様に感謝するという意味で行われていたそう。 でも、最近は祈りではなく、願いを込めて手を合わせる人が増え …

icatch_rule

マインドナンバーの問題点をうまく解決するルールが思いつきました

現状、マインドナンバーに幾つかの問題を感じていました。 その幾つかの問題点のうち一つを解決するアイディアが浮かんだので、ルール追加をします。 まず今回解決できた問題点とは ・ラウンドを繰り返す理由が薄 …