システム 創作ゲーム

【創作ゲーム】No.1 マインドナンバー

投稿日:2016年8月24日 更新日:

2人用のガチ心理戦ゲーム。

怪物ハーティの胃から万病に効くとされるステロイドを手にした二人の冒険者。相手よりも早く街に届けろ。しかし急ぎすぎるとステロイドがこぼれ落ちてしまう。

概要

プレイヤー数:2人

内容物:

1〜5のカード各2枚

コマ×2

トークン×17

ボード×1

ゲームの目的

規定のトークンをためることなく、相手よりも先にGOALに到達すれば勝利

各プレイヤーが10マス進むとGOALになる

トークンは各プレイヤーが8個たまった時点で負けとなる

遊び方

準備

・1〜5のカードの内、ランダムで2枚裏向きに伏せる

・残った3枚を手札として相手に見えないように持っておく

※・裏向きに伏せてあるカードの内1枚を相手にのみ見えるように手札に持つ

※・もう1枚の裏向きのカードは場に伏せて置く

・適当な方法で先攻後攻を決める

・両プレイヤーともSTARTにコマを置く

流れ

・ゲームは3ラウンド行う

・1ラウンド毎に勝敗を決め、先に2ラウンド先取したらゲームに勝利となる

・1つのラウンドは手札の4枚を使って行われる

・先攻のプレイヤーから順に手札のカードを1枚出す

・このとき後攻のプレイヤーはどのカードを出したか質問することは自由(正直に答える義務はない)

・互いのカードが出そろったらカードをオープン

・それぞれ出されたカードの数字分コマを進める

・このとき大きい数字を出したプレイヤーは数字と同じ分のトークンを受け取る

・場に出したカードが同じだった場合はトークンは受け取らず、数字分コマを進める

・次は先攻、後攻を入れ替えてカードを出す

・上記を繰り返し終了条件を満たしたらラウンド終了となる

・1ラウンドが終了したら、前のラウンドで場に伏せていたカードを手札に加える

・前ラウンドで使用した4枚の内、2枚を裏向きにし、☆準備で行ったように(※)手札を4枚とする

・互いに手札が決定したら前ラウンドでの先攻後攻を入れ替えて、次のラウンドを始める

終了条件

・どちらかのプレイヤーがGOALに到達した場合、勝利

(GOALにはピッタリ到着しなければならず、超えた場合それ以降のターンGOALから離れていく方向に動かなければならない)

・GOALに到達するより前にトークンが8以上になった場合、敗北

・GOALに到達せず、トークンが8以上に達しなかった場合、よりGOALに近いプレイヤーが、勝利

・同時にGOALに到達した場合、そのときのトークンが少ないプレイヤーが、勝利

・同時にGOALに到達し、トークンの数も同じときは引き分け

yasuyuki yamagishi
ゲームシステム担当。 ヤマズゲームスの兄の方。

-システム, 創作ゲーム
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

icatch_theme

小人の村の変わった風習(プレゼントのテーマ案)

その村では昔から欲しいものを手に入れる時は市場に行く。 こうやって聞くと人間と同じじゃないかと思うが、少し異なる。 小人たちはあまり働かない。そのためこの村の市場にはあまりものがない。手に入れたが不要 …

semi w 4

レペゼン・ディヴィナーレの黄色い宝石〜四匹目の蝉をご紹介〜

・・・てかこいつ蜂じゃね? 四匹目の蝉の紹介です。この蝉はちょっと変化系にしました。 日本でよく見る蝉は茶色くてガサガサしており大きさもさほど違わないです。このゲームの蝉のアイディアのベースがそれらだ …

semi w 3

夜景に憧れた筋肉蝉〜三匹目の蝉をご紹介〜

たぶん食感は鳥のササミです 三匹目の蝉の紹介です。なんだか禍々しい配色です。が、参考にしたのは… 夜景、です。 元々(メスなのに)黒くてかっこいい系の蝉を書きたくてGoogle徘徊をしていたところ、近 …

icatch_rule

【創作ゲーム】Vol.1 犬猿合戦

第1弾として思いついた「マインドナンバー」がずっと固まらなかったが、この度熱い2人用心理戦ゲームとしてまとまった。 製品化するかどうかは検討中だが、何かしら形にはしたい。   コンポーネント …

icatch_rule

マインドナンバーの問題点をうまく解決するルールが思いつきました

現状、マインドナンバーに幾つかの問題を感じていました。 その幾つかの問題点のうち一つを解決するアイディアが浮かんだので、ルール追加をします。 まず今回解決できた問題点とは ・ラウンドを繰り返す理由が薄 …