システム 創作ゲーム

【創作ゲーム】No.5 プレゼント

投稿日:2016年11月10日 更新日:

ゲームマーケット2016秋でトランプで遊べるおまけゲームつけようという話からできたゲーム。

季節的にプレゼント交換の季節なので、テーマはプレゼントとした。

出来上がったシステムがかなり気にいったので、製品化することにした。

細かい点は調整中。

間に合えばゲームマーケット2016秋に試作版持っていこうと思います。

プレゼント

人数:3~5人

内容物

プレゼントカード:52枚

目的

もっとも多くの得点を獲得したプレイヤーが勝利

準備

場に下記の通りにカードを表にして置く(同じ数字が4枚めくられた場合はそのカードを山に戻し、別のカードを並べる)

3人:7枚

4、5人:10枚

カードの山からランダムに2枚裏向きにして誰にも見えないように端に置いておく

残ったカードを1枚ずつ各プレイヤーに配り切る

(最初に同じ数字が4枚ある場合、4点として自分の前に置いておく)

カードを右から数字順に並べてもつ

適当な方法でスタートプレイヤーを決定する

流れ

スタートプレイヤーから順に下記の行動のうちどちらかを1度だけ行う

  1. 手札のカード1枚と場のカードを交換する
  2. 手札のカードを相手にあげる

 (詳細は後述)

これを繰り返し手札にカードが4枚揃った場合得点となる

1を行い、手札にカードが4枚揃った場合、その4枚を自分の前に公開して置く。

2を行い、相手のカードが4枚揃った場合、その相手から3枚受け取り、自分の前に公開して置く。この時相手は1枚を自分の前に置く。

自分の前に置かれたカード1枚につき1点となる。

☆1について

場に表になっているカードと、自分の手札のカードを1枚交換する

この時、同じ数字のカードと交換することはできない。

また、それを出すことで同じ数が4枚場に公開された状態になる場合はそのカードを場に出すことはできない

☆2について

手札にある同じ数字を相手にしか見えないようにあげる

あげる場合同じ数字のカードを全てあげなければならない

 ex.例えば手札に10が3枚あって、相手に10を2枚だけあげるということはできない。この状態で10をあげたければ3枚まとめてあげなければならない。

2の行動により、相手の手札に同じカードが4枚揃った場合「プレゼント成功」となる。

逆に4枚揃わなかった場合は「プレゼント失敗」となる。

「プレゼント成功」の場合は、先にも書いたが、相手から3枚もらえる。

「プレゼント失敗」の場合は、その相手にランダムで手札から3枚引かせる

これにより相手が手札に4枚のカードが揃った場合は(相手は1で4枚揃えた場合と同様に)、4枚をそのまま相手の場に置かれる。

その後あげたカードを相手から返してもらい、手札に戻す

終了

誰かの手札が3枚以下になった時にゲーム終了

準備で端に置いた2枚のカードをオープンする

そのカードの所持者は、そのカードと同じ数字のカードを自分の得点として加える

もっとも点数が高い人が勝利

yasuyuki yamagishi
ゲームシステム担当。 ヤマズゲームスの兄の方。

-システム, 創作ゲーム
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

semi w 2

あの有名なバッタのヒーローに酷似〜二匹目の蝉をご紹介〜

参考にしたおめでたい物とは・・・ さて今回は二匹目の蝉のご紹介です。こいつは以前紹介した「コルネ&生ハムの蝉」同様、画像検索をして出てきたあるものを参考に描きました。 鏡餅、です。 目ん玉がみかんで、 …

icatch_theme

ディア・ビビのテーマをどうするか?

ディア・ビビのテーマについて考えています。 テーマとして表現したい部分は ・1番多く集まったスートは良いもの。2番目に多いスートは悪いもの。3番目は良いもの ・毎回手札から2枚のうち1枚を相手にあげ、 …

icatch_theme

小人の村の変わった風習(プレゼントのテーマ案)

その村では昔から欲しいものを手に入れる時は市場に行く。 こうやって聞くと人間と同じじゃないかと思うが、少し異なる。 小人たちはあまり働かない。そのためこの村の市場にはあまりものがない。手に入れたが不要 …

hakoe-e1479393554225

【ストーリー紹介】蝉の声〜オス蝉の話〜 Vol.1-1 プロローグ

僕の抜け殻が目の前にある。 なんだか不思議な感じがする。 つい2時間前まではこの中に入っていたのだ・・・。   ようやく体がこの世界に慣れてきた。 少しずつ乾燥して、今ではすっかり茶色くなっ …

gm_blog03-01

跡目の盃トーナメント 〜蛙 VS 妹〜

後悔 跡目の盃の感想戦にどれだけ時間をかけているのか。「負けたあの一手が忘れらない」それだけなら、一眠りすれば消え去る。そうじゃない。もっと具体的な後悔なんだ。 間違っているとすぐにでも気付ける一手を …