テーマ 創作ゲーム

【ストーリー紹介】蝉の声〜赤蝉の話〜 Vol.2-3 オオトカゲ

投稿日:2016年11月29日 更新日:

オオトカゲはゆっくりと後ろ向きに洞窟の入り口に向かって進んできた。

トンビと赤蝉は潰されないように急いで入り口の方へ戻るとオオトカゲが出てくるのを待った。

 

やっとの思いで外に出たオオトカゲは予想をはるかに超える大きさだった。

いつも大きいなと眺めていた人間を50人くらい一気に食べられそうな大きさだ。

ほら!と赤蝉に背中を叩かれたトンビはそーっとオオトカゲに話しかけた。

 

「オ、オオトカゲさん。おはよう・・・。」

 

オオトカゲは未だトンビと赤蝉を確認できずグルグルとその場を回っている。

 

「こっちですよ!こっち!」

 

そう言ってトンビはオオトカゲの視界に入るように目の前まで飛んでいった。

 

「おおおお!トンビか!なんや久しぶりやな!どうした!」

 

トンビはオオトカゲの機嫌が悪くないことを知ると一転して饒舌になった。

 

「いやいや、トカさん!ちょっと聞きたいことがあるんですよ!赤蝉のことなんですけどね!」

 

そう言うと、トンビは赤蝉のところに着地してさらに言葉を続けた。

 

「さっきこの赤蝉と話していたんですけどね。そういえばなんでこの子だけ見た目が他と違うのか?って思って聞いたら、わからないっていうんでここに来たんです。それでとりあえず、この子のお母さんはどんな見た目をしていたのかをトカさんに聞こうかなって思いまして。」

 

オオトカゲはニンマリと笑顔を作りながら赤蝉を眺めていた。

じっと目を見られることが苦手な赤蝉は、時々オオトカゲを見ては目が合うと逸らしていた。

オオトカゲが赤蝉に優しい声で話しかけた。

 

「・・・大きくなったな。今日で何日目や?」

 

赤蝉は驚いてオオトカゲを見た。そして答えた。

 

「え・・・三日目です。わ、私を知っているの?」

 

オオトカゲは大きく頷いた。

 

「お前さんも、お前さんの母親も、お前さんのばあさんも、お前さんのひいばあさんも知っとる。」

 

そしてオオトカゲはもう一言付け加えた。

 

「もちろん、お前さんがなぜそのような見た目をしているのかも知っとる。俺がひいばあさんに教えてやったと言っても過言ではないからな。」

 

赤蝉は小さな口をポカンと開けている。

トンビは嬉しそうに手を叩いていた。

赤蝉は気を取り直して聞いた。

 

「えっと、その・・・何か悪いものを食べたとかじゃないよね?」

 

それを聞いてオオトカゲは笑った。

 

「そんなものがあるなら俺も食ってみたい!違う違う、もっと単純や。」

 

オオトカゲははっきりとこう言った。

 

「想い、や。」

 

トンビと赤蝉は同時に首を傾げた。

赤蝉はオオトカゲに話を進めてと促した。

kawazu
アートワーク担当。 ヤマズゲームスの弟の方。

-テーマ, 創作ゲーム
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

icatch_theme

ディア・ビビのテーマをどうするか?

ディア・ビビのテーマについて考えています。 テーマとして表現したい部分は ・1番多く集まったスートは良いもの。2番目に多いスートは悪いもの。3番目は良いもの ・毎回手札から2枚のうち1枚を相手にあげ、 …

icatch_theme

小人の村の変わった風習(プレゼントのテーマ案)

その村では昔から欲しいものを手に入れる時は市場に行く。 こうやって聞くと人間と同じじゃないかと思うが、少し異なる。 小人たちはあまり働かない。そのためこの村の市場にはあまりものがない。手に入れたが不要 …

icatch_rule

マインドナンバーの問題点をうまく解決するルールが思いつきました

現状、マインドナンバーに幾つかの問題を感じていました。 その幾つかの問題点のうち一つを解決するアイディアが浮かんだので、ルール追加をします。 まず今回解決できた問題点とは ・ラウンドを繰り返す理由が薄 …

hakoe-e1479393554225

【ストーリー紹介】蝉の声〜オス蝉の話〜 Vol.1-1 プロローグ

僕の抜け殻が目の前にある。 なんだか不思議な感じがする。 つい2時間前まではこの中に入っていたのだ・・・。   ようやく体がこの世界に慣れてきた。 少しずつ乾燥して、今ではすっかり茶色くなっ …

icatch_rule

【創作ゲーム】No.5 プレゼント

ゲームマーケット2016秋でトランプで遊べるおまけゲームつけようという話からできたゲーム。 季節的にプレゼント交換の季節なので、テーマはプレゼントとした。 出来上がったシステムがかなり気にいったので、 …