テーマ 創作ゲーム

【ストーリー紹介】蝉の声〜緑蝉の話〜 Vol.3-1 神社の緑蝉

投稿日:2016年12月24日 更新日:

私は他の蝉と比べて、すこし体が大きい。

ちょうどこの神社の境内にそびえ立つ大きな鏡餅を、毎晩かじりに来るネズミくらい大きい。

だから人間にもよく見つかる。

でも私は平気なの。

なぜだか私を見つけた人間は皆、手を合わせて頭を下げていくから。

 

生まれてから数日は警戒していた。

でも、今ではこの神社には危険な人間は来ないと信じている。

神社は人の心を穏やかにさせるのかもしれない。

 

木の箱の中にチャリンチャリンと何かを投げ入れて、目の前に垂らされた大きな紐をせっせと揺らす。

それから、建物の奥の何かを見つめて頭を下げる。

頭を下げてすぐに帰る人もいるけど、手を合わせて眠っているように動かなくなる人もいる。

 

手を合わせたり、頭を下げたり、これは人間にとって何を意味する行動なのだろう。

 

あ、そういえば、鏡餅には人間も触っていくなあ・・・。

ネズミみたいにかじったりはしないけど、ぎゅってしたり、手ですりすりしたりする。

そしてやっぱり、手を合わせたり、頭を下げたり。

 

この鏡餅は隣の建物よりも大きい。

私はよくこの鏡餅にくっついている。

大好きな松の木でできているからだろうか。

なんだか安心するのだ。

 

それとも、姿形が似ているから?

なんにせよ、私たちは先祖代々ここで生きている。

自然豊かなこの場所で命を繋いでいる。

 

今日も朝からここにいる。

何時間いても飽きない。

遠くでひぐらしが鳴いている。

彼らの美しい歌声を聴きながら夕日を眺めるのがまた格別なの。

 

緑蝉はそっと目を閉じてこの場所に生まれた幸せをかみしめていた。

自然が生み出す風流は命あるもの全てに等しく与えられる。

 

ザクッ、ザクッ、ザクッ・・・。

 

境内に誰かが入ってきた。

入り口の砂利を踏む音がする。

この音のリズムは人間ね。

こちらに向かって歩いている。

また鏡餅を触りに来たのかしら。

 

答え合わせをしようと緑蝉はうっすら目を開いて真下に止まった人間を確かめた。

 
 

!?!?

 
 

そこにはじっと緑蝉を見つめる人間のようなトカゲがいた。

服を着て、二足歩行で歩いている。

頭にはフードを深々と被り、肌を見せないように手はズボンのポッケに入れている。

 

緑蝉は生まれて初めて見たその得体の知れない生き物から目を離すことができなかった。

 

なんなの、こいつ?

kawazu
アートワーク担当。 ヤマズゲームスの弟の方。

-テーマ, 創作ゲーム
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

icatch_rule

蝉の声 ルール変更

蝉の声のルールに変更点ができました。 現状のルールでは終了条件として、10枚目の子供がオープンされたら終了というルールでした。 その場合終盤になって勝っているプレイヤーがゲームを無理やり終わらせること …

kobito

【システムの穴】見返り小人の問題点

「見返り小人」というα版のゲームがある。 現状α版で試遊した際にかなりの熱狂と、熟考が生まれた。 これはいいゲームができたと喜んでいたが、幾つかの問題点が解決できないまま現在7ヶ月が経とうかとしている …

maxresdefault

【動画】跡目の盃 ルール説明&ゲームのポイント

跡目の盃のルール説明&ゲームのポイントを説明した動画を作成してみた。 ルール説明が約2分30秒。 ゲームのポイントが約1分30秒ほどの動画だ。 なんとなくセンスが古い印象を受けるが改善方法がわからない …

写真 2016-12-14 18 26 41

【創作ゲーム】次回作プレゼントのタイトル変更

次回作として制作中のプレゼントの名称を変更しました。 変更した次回作のタイトルは 『見返り小人』 です。   見返りを欲しがる小人たちのゲームです。 蝉に続いて、次は小人です。 今のとこヤマ …

akasemi

【ストーリー紹介】蝉の声〜赤蝉の話〜 Vol.2-1 赤蝉とトンビ

ほら見て!私の羽、ピンク色で綺麗でしょ! 体には赤いちょぼちょぼがついてるの。 これはちょっとだけ気持ちわるい。 でも、体はあそこの可愛いチョココルネにそっくり! いいでしょ!! 赤蝉は今日も友達のト …