テーマ 創作ゲーム

【ストーリー紹介】蝉の声〜緑蝉の話〜 Vol.3-2 トカゲ人間と緑蝉

投稿日:2016年12月25日 更新日:

トカゲは緑蝉をまじまじと見つめながら、ぼそりと言った。

 

「そうかぁ、やっぱり君は神の化身なんかもしれんなぁ・・・。」

 

トカゲの言葉で我に返った緑蝉は、サッと目を逸らした。

 

「鏡餅そっくりや。よお人間が君を見て頭を下げたり、手を合わせたりせんか?」

 

驚いた。

 

再びトカゲに視線を戻す。

確かにそうだ。

でも、なんで知っているの?

 

そう頭で考えながらも、口にはしなかった。

私は小さく首を縦に振った。

 

するとトカゲはにんまりして言った。

 

「そうやろ、そうやろ!いや~、やっぱり人間はおもろいわ!」

 

トカゲは手を叩きながら笑った。

 

どう反応してよいのかわからない私は、ひとまず安全を確保しようと二、三歩上に登った。

そして少し冷静になり考えてみた。

確かに、天敵とされている人間が私にだけ手を出さないことはかねてからの疑問だった。

でも、安全ならばそれでいいと理由もなく納得していた。

このトカゲは何かを知っているのだろうか。

 

聞いてみようか?

こんな怪しいやつと話をする?

話をしても大丈夫なの?

そもそもなんでここにいるの?

 

私は改めて眼下で笑っているトカゲを訝しげな眼差しで見つめた。

それに気がづいたトカゲは、またもにんまりして言った。

 

「なんや、急に話しかけられてビビっとるんか。別に君を食ったりはせんよ。散歩がてら君を見に来ただけや。」

 

「・・・」

 

「・・・だんまりか。ま、いいわ。ほんなら人間に見つかる前に俺は行くわ。んなら。」

 

「ちょ、ちょっと待って!」

 

「ん?なんや、喋れるんかい。どうした?」

 

「・・・。な、なんで、私に手を合わせるの?」

 

「手を合わせる?人間のことか?」

 

「・・・うん。あれどういう意味?」

 

トカゲはわざとらしく一拍置いてからゆっくり話し始めた。

 

「神様にお祈りしとるんや。」

 

・・・お祈り?

kawazu
アートワーク担当。 ヤマズゲームスの弟の方。

-テーマ, 創作ゲーム
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Twitter-icon-fmizn

跡目の盃トーナメント(復讐編)〜兄 VS 蛙〜

なんと見事な復讐劇 大勝。快勝。圧倒的な勝利。今回の復讐劇は見事と言わざるを得ない。 あ、俺(蛙)が勝ちました。やっぱり心理戦は俺の方が兄貴。強し。 今回の勝因は緻密な計画による、正体隠匿の完全な成功 …

hakoe

【ルール公開】蝉の声(ゲームマーケット2016秋販売予定)

ゲームマーケットで販売予定のゲーム「蝉の声」のルールを公開します。   人数:2〜4人 時間:10〜15分 説明書はこちら       短時間でパッと盛り上がれ …

midorisemi

【ストーリー紹介】蝉の声〜緑蝉の話〜 Vol.3-1 神社の緑蝉

私は他の蝉と比べて、すこし体が大きい。 ちょうどこの神社の境内にそびえ立つ大きな鏡餅を、毎晩かじりに来るネズミくらい大きい。 だから人間にもよく見つかる。 でも私は平気なの。 なぜだか私を見つけた人間 …

gm_blog03-01

跡目の盃トーナメント 〜蛙 VS 妹〜

後悔 跡目の盃の感想戦にどれだけ時間をかけているのか。「負けたあの一手が忘れらない」それだけなら、一眠りすれば消え去る。そうじゃない。もっと具体的な後悔なんだ。 間違っているとすぐにでも気付ける一手を …

icatch_theme

【ストーリー紹介】蝉の声〜オス蝉の話〜 Vol.1-3 記憶の輪廻

薄皮からの脱出に成功した僕は、これからのことを考えていた。   いつ鳴こうか。 どこで鳴こうか。   ただそれだけ。   僕は不思議と、自分が何をするためにこの世界に生ま …