アートワーク 創作ゲーム

セミの一生のタイトルが変わりました!!

投稿日:2016年9月10日 更新日:

セミの一生 → 蝉の声

僕たちのオリジナルゲームである「セミの一生」のタイトルが変更になりました。

その名も「蝉の声」です。

蝉が鳴く理由は求愛行動だといいます。七日間という短い一生の中で子孫を残すためにオス蝉は鳴き続けます。しかしそんなことは知りもしないワンパクな子供達は虫取り網片手に嬉々として蝉取りに興じます。

オス蝉(プレイヤー)はより多くのメス蝉(カード)にアピールするため大きな声で鳴かなくてはならない。しかし、その声を聞いた子供達(カード)が・・・

蝉の声、こんなテーマになっております。

メス蝉が一匹できました!

メス蝉は4種類全て架空の蝉を描きました。今回紹介するのは体がパンで、羽が生ハムの美味しそうなセミです。当初の予定では違うパンになるはずだったのですが・・・

ある日、練習がてらリアルなセミを描こうと画像検索をしていました。そして出てきたセミの胴体をずっとみていると、なんとチョココロネのパン部分に見えてきたのです。それで、そのままチョココロネセミを描いたのですが出来上がったセミはセミではなくチョココロネそのものでした。

何がいけなかったのかわからない僕は再び画像検索へ。そして出会った生ハム画像。ピンときたこれはセミの羽だろう。なので多少はセミの羽っぽくしときましょう。ってことでこうなりました。

semi w 1

羽を描くと蝉の体ってほとんど消えてしまうんですね(この隠れた部分の陰影に結構時間かけたのに・・・)。あと3匹もまたの機会に公開します。

kawazu
アートワーク担当。 ヤマズゲームスの弟の方。

-アートワーク, 創作ゲーム
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

akasemi

【ストーリー紹介】蝉の声〜赤蝉の話〜 Vol.2-2 洞窟の中で

オオトカゲが今何歳で後どれくらい生きるのかを知っている者はいない。 少なくともこの辺に住む生き物ならば、皆生まれた時からオオトカゲを知っている。 オオトカゲは多くを語らないし、だいたいいつも寝ている。 …

icatch_theme

小人の村の変わった風習(プレゼントのテーマ案)

その村では昔から欲しいものを手に入れる時は市場に行く。 こうやって聞くと人間と同じじゃないかと思うが、少し異なる。 小人たちはあまり働かない。そのためこの村の市場にはあまりものがない。手に入れたが不要 …

akasemi

【ストーリー紹介】蝉の声〜赤蝉の話〜 Vol.2-1 赤蝉とトンビ

ほら見て!私の羽、ピンク色で綺麗でしょ! 体には赤いちょぼちょぼがついてるの。 これはちょっとだけ気持ちわるい。 でも、体はあそこの可愛いチョココルネにそっくり! いいでしょ!! 赤蝉は今日も友達のト …

akasemi

【ストーリー紹介】蝉の声〜赤蝉の話〜 Vol.2-4 赤蝉の秘密

オオトカゲは話し始めた。   お前さんのひいばあさんと出会ったのは約20年前や。当時はひいばあさんもそこらにおるアブラゼミやミンミンゼミと変わらず茶色い蝉やった。まあお前さんも体の色は茶色や …

midorisemi

【ストーリー紹介】蝉の声〜緑蝉の話〜 Vol.3-4 鏡餅の意味

それからトカゲは20分ほど話し続けた。 手を合わせることは、祈りという行為らしい。 祈りは元々、神様に感謝するという意味で行われていたそう。 でも、最近は祈りではなく、願いを込めて手を合わせる人が増え …