gm_blog03-01

跡目の盃トーナメント 〜兄 VS 蛙〜

今回は跡目の盃史に残る名勝負だった。 勝者は兄であった。 お互い仕事後で疲れていたため、やる気はなかったがなんとなくの流れで戦いは始まり終わる頃にはかたや熱狂、かたや絶望という疲れによるローテンション …

写真 2016-11-20 23 39 53

【ゲーム制作メモ】プレイヤーがその行動をする理由

蝉の声が完成した時点で着想としてあった見返り小人についてずっとまとまらなかったのだが、ようやくまとまる兆しが見えてきた。 そしてその中で気づいたことをボードゲーム制作メモとして残しておく。 まず見返り …

gm_blog03-01

跡目の盃トーナメント 〜蛙 VS 妹〜

後悔 跡目の盃の感想戦にどれだけ時間をかけているのか。「負けたあの一手が忘れらない」それだけなら、一眠りすれば消え去る。そうじゃない。もっと具体的な後悔なんだ。 間違っているとすぐにでも気付ける一手を …

box_art-01

蛙の同じ轍は踏まぬためのメモ Vol.2〜ボドゲの立体箱絵パッケージデザイン編〜

illustrationは便利。ですが、どうにも多機能すぎて記憶の容量が足りません。てなわけで、制作にかなり苦労した、ボードゲームの「立体箱絵」の作り方を”自分のために”メモしときます。 利用ツールは …

gm2017_s_poster

【創作ゲーム】Vol.4 跡目の盃

2人用心理戦ゲーム「ディア・ビビ」をこねくり回して完成しました。 製品化タイトル第2弾「跡目の盃」 ヤクザの組長6人の跡目争いがテーマです。 プレイヤーはこれら6人の誰かの子分となって、自分の親分が次 …

icatch_rule

【創作ゲーム】Vol.1 犬猿合戦

第1弾として思いついた「マインドナンバー」がずっと固まらなかったが、この度熱い2人用心理戦ゲームとしてまとまった。 製品化するかどうかは検討中だが、何かしら形にはしたい。   コンポーネント …

写真 2017-02-17 22 38 08

ゲームとパンク

パンクと言っても音楽のことではない。タイヤのことである。 今日はパンク修理の方法を教えてもらった。 原付にしても自転車にしても案外簡単で100円ショップで手にはいるパッチというのを当てるだけで済んでし …

icatch_colmu

自作ボードゲーム販売可能なイベントまとめ(2017年版)

2017年現在(2/17時点)で自作ボードゲームの販売が可能なイベントや即売会を調べてみました。 気になる出展料や出展申込みの期日も調べましたので、参考にしてみてください。 2016年には開催されてい …

qwixx_icatch

Qwixx(クウィックス)ハウスルールのすすめ

クウィックスといえば、2013年ドイツ年間ゲーム大賞のノミネート作品でもあるシュテフェン・ベンドルフさんの作品だ。 通常ルールで遊ぶ場合は、ダイスゲームの中のカテゴリゲームと呼べるだろう。 毎ターン出 …

icatch_rule

【ゲーム制作メモ】収束するということ

ゲームは終わりに向かって収束していく必要がある。 収束しないということになると、プレイヤー各々が各々の思う方向に向かっていきゲームの最終目標を果たすことが目的ではなくなってしまう。 そしてゲームの最終 …